2009年05月19日

高齢者にアミノ酸!の理由A

加齢にともなって、サルコペニアと呼ばれる骨格筋量の現象が起こります。

骨格筋量の減少はにより筋力・機能が低下し高齢者が要介護状態となる大きな原因になります。

また骨格筋量の減少は、糖尿病、骨粗しょう症などの代謝関連疾患を引き起こします。

サルコペニアの原因として、彼に伴う内分泌機能(成長ホルモン・女性、男性ホルモンなど)の変化や低下や不活動・不十分な栄養・DNAの損傷などが原因ではないかと言われています。

そして骨格筋たんぱく質合成を高めることが出来れば筋量の減少を抑制し、有効なサルコペニア対策となると考えられます。

骨格筋合成に有効なアミノ酸を高齢者に投与し若い人と比べると骨格筋たんぱく質の代謝の反応は同程度に増加することがわかっています。

しかしここで高齢者と若い人との違いが出てくるそうです。
高齢者にアミノ酸と一緒に糖を投与するとアミノ酸だけのときは見られた骨格筋タンパク質の合成の促進がまったく見られなくなってしまうということです。

若い人はアミノ酸とともに炭水化物を摂取する方は効果的だったのに対して対照的な反応になってしまうのです。

通常の食事でアミノ酸だけを摂取するということは不可能です。通常の食事が障害となっている可能性が高いわけです。

つまり高齢者は、アミノ酸単体を摂取しなければ効果が得られないということです。
そのため『LifeFORCE』摂取後10分ほどは飲食を控えるようにという注意書きがあるんですね。

『LifeFORCE』を摂取し始めた方たちの中で、なぜか、高齢者の方の方が早く効果を感じられお元気になる!という事の説明が付くわけですね。

上手に筋肉をつけて維持するには、若い人も高齢者もミノ酸が有効だということです。
特にアミノ酸の中でも有効なのは必須アミノ酸であるということが分かっています。

そのアミノ酸の組成(組み合わせ)や摂取するタイミングを長年、研究し実験を繰り返し開発して出来たのが『LifeFORCE』です。

以上が現在、お試し頂いているご高齢者の方達から、またご家族の方から多くの喜びのご報告を受けている理由ですね。

寝たきりにならないために、寝たきりにさせない為に有効なアミノ酸で構成された
『LiFEFORCE』のHPはこちらからご覧になれます。
lfaminosanhyoubig.gifIMG_04151.jpg
【関連する記事】
posted by しおん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者にアミノ酸! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

高齢者にアミノ酸!の理由@

筋肉(骨格筋)は、人の運動を司る組織ですね。

筋肉は身体運動を行うために必要である以外に、血液中の糖や脂肪を取り込んで消費する最大の組織です。

適切な運動を身につけそれを維持することは生活習慣病を予防し健康を維持する重要なポイントになります。


もうやだ〜(悲しい顔)分かっていても既に身体が思うように動かない!ふらふらやる気が湧かない!
がく〜(落胆した顔)翌日の疲労や筋肉痛を考えるとできない!ちっ(怒った顔)関節痛や腰痛、軟骨の異常などの持病を抱えて動けないなど・・・

いままで運動とは無縁の生活を送っていた中高年の方には,
なかなか良いと分かっていても出来なのがトレーニングやスポーツですね。

特に高齢者では健康な場合でも筋肉が萎縮して筋肉量が減り、
身体運動が不自由になるという現象(サルコペニア)
が起こるので、
筋肉量を維持し萎縮を防ぐための対策が必要です。

昔は筋肉トレーニングによって筋肉が壊れその修復過程で筋肥大・筋肉強化が起こるといわれていました。

最近の研究では、筋運動がたんぱく質合成を促進するメカニズムは、筋収縮によって生じるストレスが骨格筋を作る成長ホルモンの分泌につながることが分かっています。

これが今流行の『成長ホルモンの分泌を活性化させて若返ろう!』という加圧トレーニングの仕組みです。

筋トレーニングや運動効率をあげるには少なくとも2日に1回はトレーニングを行うことです。

その際、アミノ酸を摂取してからトレーニングや運動(ウォーキングや散歩など)をするとたんぱく質合成が増加し、運動後に更に摂取するとやはりたんぱく質合成が増加することが分かっています。


骨格筋のたんぱく質合成は血液中のアミノ酸濃度に直接影響されて変化します。

血液中のアミノ酸濃度が低下した場合、骨格筋たんぱく質合成速度が低下します!
逆にアミノ酸濃度が上がると非常に早いスピードで骨格筋たんぱく質合成が進むのです。

たんぱく質の合成分解のバランスがプラスにならなければ、トレーニングや運動のの効率は上がらないのです。

またアミノ酸を摂取するタイミングですが、多くの研究の結果、運動の直前と直後の速やかな摂取が筋タンパク質の合成に効果的です。

また安静時にアミノ酸を摂取することで筋たんぱく質の合成が増加することがわかっています。
運動の出来ない寝たきり状態の宇宙飛行士がアミノ酸を摂取して筋肉が萎縮することを防いでいます。

たとえ今現在、運動できない状態の高齢の方、トレーニングする時間のない中高年の方など安静時にアミノ酸を摂取することで筋肉の萎縮を防ぎます。

また、起床してからのアミノ酸摂取では少なくとも多少の動き(通勤、散歩、家事労働)などでアミノ酸が有効に働きます。

特に必須アミノ酸(バリン・リジン・ヒスチジン・ロイシン・メチオニン・トリプトファン・スレオニン・フェニルアラニン・イソロイシン)が必要不可欠です。

食物から高濃度のアミノ酸を摂取することは、難しいと思います。
好き嫌いやなんだかの食事制限のある方も多いのが高齢者です。

やはり有効な方法は、自分の状態に合ったサプリメントで必要な栄養素を補うことです。

別サイト『アミノ酸系のサプリメントの上手な取り方』も参考にして下されば分かると思いますが、市場に出回っているアミノ酸系サプリメントは高機能サプリメントではありません。

口から飲んで消化分解されて血液に取り込まれますので吸収は緩やかです。

『LifeFORCE』は舌下に直接スプレーすることで、瞬時に血液中に
筋タンパク質合成に必要不可欠なアミノ酸濃度が高まります。
hissuaminosan1.gif
最近の研究では、必須アミノ酸と炭水化物をサプリメントとして与えることで
28日間のベットレスト(寝たきり状態)による筋肉量の減少が防止できたことが報告されました。

特に必須アミノ酸の中でもロイシンは筋たんぱく質の合成を高めるために重要なアミノ酸であることが分かっています。
posted by しおん at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アミノ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『LifeFORCE』の有効成分アミノ酸

『LifeFORCE』の有効成分であるアミノ酸とは、簡単に言えばたんぱく質を構成している基本単位の栄養素です。

長年に渡って、調味料や各種食品(肉、魚、卵など・・)私たちの生活において幅広く活用されている栄養素なので安心して摂取することができます。


血糖値に影響を与えることはほとんどなく、多く摂りすぎた場合でも、身体で代謝された後に尿中に排泄されることになるので安全性は高いといえます。

またアミノ酸は栄養素なのでスポーツでのドーピング検査にひっかかることもなく、運動する際も安心して使えます。

スポーツをするときや毎日の生活において、基本は栄養バランスの良い食事を十分摂ることが重要です。

しかし、身体に負担がかかることをすることによってアミノ酸は不足してしまいます。

不足量のアミノ酸をサプリメントなどで補給すると、体調管理や健康維持に役立つことは周知ととおり、アミノ酸飲料や錠剤など様々な製品が出回っています。

十代〜20代前半の方には既存の製品で十分かもしれません。
成長ホルモンの分泌が盛んなので鍛えた分は身体も心も応えてくれます。

睡眠も深いので疲労の蓄積も少ないでしょう。みなさん覚えがあるんではないでしょうか?

特別にもっと筋肉をつけたい!維持したい!骨を強くしたい!闘争心を高めたい!体力を向上させたい!など、特別な要求を願うアスリートの一部では、違反と分かっていても「成長ホルモン剤」の注射や薬剤を使用してしまいます。


なぜなら「成長ホルモン」が身体つくりには欠かせないホルモンだからです。
体力や肉体に自信があれば弱気にもなりませんよね。若さは、『自信の源』なのです。

しかし「ホルモン剤」は薬剤です。合成されて作られる薬には必ず副作用があります。
逆に大いに体の負担因子になってしまいます。特にホルモン剤は危険も大きい薬です。

『LifeFORCE』は、特別な配合の薬草から抽出した天然のアミノ酸成分で構成されています。

その配合が脳下垂体に直接刺激を与え自分自身の成長ホルモンの分泌を活性化させるのです。

      lfaminosanhyoubig.gif
単体のアミノ酸でもとても身体に有効な働きがありますが、医師が制癌剤の開発研究中に偶然生まれた『LifeFORCE』の特別な配合は、他社製品には真似のできない独自のものです。


諸外国(英語圏)では2000年から販売されいますが、現在まで副作用などの問題点の報告は一切なく、リピーター率が80パーセントという事実が効果を物語っています。

製品に関してはこちらのHP『LifeFORCE』IMG_04151.jpgをご覧下さい。

HPの メールお問い合わせ や  プレゼントご注文のメールフォームもご利用下さいね。

お勧めBOOK:51DRNYRESYL__SL500_AA240_.jpgアミノ酸できれいになる、元気になる―ダイエットだけじゃない!21世紀注目の健康栄養素 (ホーム・メディカ・ブックス)

こんなにあるアミノ酸パワー。持久力がついてダイエットに役立つ。シミ、シワがなくなりハリとツヤのある肌をつくる。免疫力を高め、丈夫なからだをつくる。生活習慣病を予防する。花粉症、冷え性の予防も。目的別アミノ酸の種類と摂取法が明快に分かる
posted by しおん at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アミノ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

LifeFORCE使用90日目

LifeFORCEを使い始めて三か月が経った。現在2本めが残り1/3ほど。
 
先日、母の日に娘から貰ったプレゼントがこれ!
DSC00290.JPGDSC00293.JPG
LifeFORCEを始めて娘にも変化がわかるようで、
生意気にも
「最近、しわっぽくなくなってきたから、これを使うともっと効果があるんじゃないかと思って!」と選んだらしい。
『そんなに変った?』と聞くと
「学校の先生がママより10歳若いのに肌がママより年寄り(失礼な・・)なのに気がついたんだ。前のママだったら同じくらいだけど・・・最近おでこのしわが無くなったね」と言ってくれた。

この言葉が何よりのプレゼント揺れるハート
実はここ3年おでこのしわが年々目立ち眉をあげると横に4本くっきり!だった。
ここにファンデーションが溜まるほど・・・

それと眉間の縦じわも加わり年中怒っているようだった。
まとまったお金があれば美容整形外科で流行りの自分の血清注射やボトックス注射をしたかった。

しかし一部位に付きウン万円・しわ1本消すのに十万単位でかかってしまう。
まして効果は3カ月〜1年。
悲しいけどセレブでない子持ちの主婦には無理な話だった。

これが今の私のおでこ!
DSC00215.JPG
恥ずかしいけど公開します。眉間の縦じわが見えないし、おでこの横じわは目立たない程度に薄くなったのです。


   ↓使用1週間の私                       ↓使用3カ月の私
DVC00129.jpg  DSC00196.JPG     

こうして写真で比べると本当に違う!   顔が引き締まってリフトアップしてます。

使った費用はLifeFORCE1本と半分の費用でこの変化です。

使用してる化粧水や乳液はドラッグストアの1000円〜2000円のもの。
クリームはほとんど付けないという無精者です。
不思議なことに1か月が経った頃から朝起きると空気が乾燥してるのに
肌がしっとりしていて化粧下地が半分の量になりました。

もっと早く30代から使っていたなら、無駄な投資しなくて済んだし、更年期障害の辛さもなく時間が有効に使えたのにと思います。

体の内側から改善しなくては高い化粧品やサプリメントは効果は半減してしまします。
無駄な投資はしないで体の内側を若くすればいいのです。

海外でリピーター率が80パーセント!ということが本当に実感できるサプリメントですよ。

私は今年の8月で50歳になってしまいます。
以前の私なら年齢を公開するのは絶対嫌だったけど、今はこんな50歳もいるのよ!と言いたい気分です。

2009年05月06日

『LifeFORCE』使用3週間目の50歳主婦

私の50歳の従兄弟に『LifeFORCE』を薦めて3週間。

昨日、わざわざ喜びの報告をしに我が家に来てくれました。

ホットフラッシュの回数が減り気分が良い!とうれしそうに話していました。
倦怠感やイライラや急激な感情の起伏は無くなり「よーし!布団も干しちゃおうか!!思うくらいよ」って、暗かった彼女が笑っていました。

彼女は私より更年期障害が酷く1年くらい色んな薬やサプリを試していたけど酷くなるばかり・・・

見かねたご主人に『うちの中が暗くなるからホルモン治療してくれば・・!』と言われてた程でした。

そこで私が『ダメもと』だと思って、で副作用があるホルモン治療の前にLifeFOECEのことを説明し試してみるように薦めたのです。

始めは気乗りしないようでした。珍しいサプリメントだから仕方ないのですが。

私への義理?で使ってみたら、思ったより舌下にスプレーした味も良く、手間がかからないのでこれなら続けられると思ったそうです。

そして3週間・・私と同じように気づいてみたら『あれっ?そういえば・・・』という変化が・・・

まだ完全に更年期が始まる前の状態ではありませんが、1ビン使い終わる頃にはかなり改善されるという手ごたえを掴み、私に電話をくれたのです。

『夜中、旦那がトイレに行くときは物音で目が覚めていたのに最近気づかないでぐっすり寝てるのよね〜』
とうれしそうでした。

良い睡眠は健康と笑顔の素ですね。

「旦那さまの頻尿にもいいのよ」と私が言ったら『今のところはもったいないから旦那には使わせない』なんて言っていました。
彼女は『来月お給料がが出たらまた注文してもいい?』と笑顔で言ってくれました。
『LifeFOECE』の海外での実績ではリピーター率が80パーセントなのも頷けます。

このブログやHPを見て全国の方からご注文も頂いています。本当にありがとうございます。

今のところ宣伝もなく、この私のブログのみが窓口なのですが少しづつ日本での実績を作り普及に努め、皆さんが毎日笑顔で過ごせるように祈っています。

私の最近の変化は、額の横シワが消えたことと体脂肪が24パーセントから21パーセントになったことです。

写真は、次回報告します。
posted by しおん at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 使用者の効果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

新型インフルエンザ 政府の対応

『新型インフルエンザ 政府の対応』記事をupしました。

続きはこちらからご覧下さい。

『発熱、咳等の初期症状がでてもすぐに医療機関にいくな!という内容です。
posted by しおん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

80日目!筋肉痛が起きない!

29日と30日、二日に渡り中学生の娘たちと大学生の男子とテニスの練習!

特に29日は朝9時〜3時まで、私の半分以下の年齢の子達とバリバリ?テニスをやってしまった。

娘のやっているのは軟式なので硬式に比べちゃんと振りきらないととボールは飛んでいかない。

硬式とは違い初心者には非常に難しいし姿勢も低い。

硬式の経験しかない私にはかなりハードだ。

それも高校テニス部OB軍団の大学生たちはレベルが高く、重い球筋なので乱打だけで肩も腕も股関節も痛くなってしまった。


娘の相手も出来ないのだから所詮無理な話だが、やってみよう!と思う元気な私が居ることが3ヶ月前と大違いだ。

6時間コートで頑張った私・・・・

翌朝の筋肉痛は覚悟してたのだが、筋肉の疲労感は多少あるが痛みはほとんどない!

本当に以外だった。

寝る前に『LifeFORCE』を1プッシュ多く4プッシュして寝て熟睡!

そして今日は中学生の男子も雑じってのオムニコートでの練習に参加した。

昨夜は「明日は見てるだけにしよう!・・」くらい疲れていたのに・・・

先に『LifeFORCE』を体験していた人(70歳)にGOLFをした翌日の筋肉痛が無くなった!という話には聞いていたけど、本当だった。


まして最近の私は娘のサポート役がほとんどで運動はなにもしていなかったのだ。

5年ほど前から『四十肩』になり腕も首も上がらず骨がボキボキ音を立てていた。

それも今はない!車の運転も出来ないほどの痛みがあったのに・・・

私の成長ホルモンが活性化し筋肉や骨も柔軟にタフになっていた。

アスリート達が成長ホルモンをドーピングに引っかかると分かっていても使う訳だよね。

『LifeFORCE』は合成された成長ホルモン・薬ではないから安心、それもサプリメントなのに効果が早い。

これはDoctorの研究と何年もテストを繰り返し製品化した賜物だろう。

来週から娘にはしばらく内緒だが、週2回ソフトテニスの指導を受けることにしました。

まだまだ娘に負けられない!!





2009年04月28日

成長ホルモンの減少対策

ご訪問ありがとうございます。

毎日の食事!分かっていても3食バランスよく効果的な食事を取るって無理ですよね。

身体に良くないと思っていても、やはり好きなものを食べてしまいます。
そんなことを考え、食事がストレスの素になってしまっては、もっと悪い!

運動もしなくちゃ!早く寝なきゃ!仕事も!家事も!子育ても!付き合いも!
   ・・・でも・・でも・・・でも・・・・忙しい!

『痩せなくちゃ・・』『若返りたい』『元気な頃に戻りたい』『これ以上老けたくない』
・・・こんな要求と戦っていませんか?
ストレスサークルに陥ってしまっていませんか?

あなたをサポートできるかも知れません。

こちらをちょっと読んで見てください。クリックすると更に詳しく分かりますよ!↓

成長ホルモン説明.gif

posted by しおん at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモンの減少 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

『LifeFORCE』使用70日目

『LifeFORCE』を使い始めて70日が経ちました。

私は20年愛用しているサプリがあります。
それは「ハイチオールC」(エスエス製薬)です。
お酒を飲む機会も多く二日酔い防止と、独身の頃のスキーやゴルフ、
子育て中の日焼け対策で愛用しています。

そのほかに更年期の症状が強く出始めたた頃から、他のサプリも併用していました。
(更年期madamのChallenge blog!に掲載)

実は『LifeFORCE』を飲み始めた時から、効果を確かめる意味で全てのサプリは止めていました。


私の細胞が活性化され、ホルモンバランスも良くなったのか
更年期や加齢による症状が消えて今は必要が無くなってしまいました。

思えば、家計を節約して随分投資していました・・・

その他にも調子が悪いとドリンク剤を飲んでみたり・・・
これも1本300〜500円するので月に換算するとサプリの購入代金は
軽く1万円は超えていました。

その他、病院で処方してもらう薬代、薬局で購入する薬や貼り薬(関節痛、
首筋のこわばり)などを含めると、相当な金額が消えていました。

今月に入り薬局に行くのは消耗品のみになり経済的にもとっても負担が軽くなり
ご飯がちょぴり豪華?になり娘も「最近。おかずが多いね〜」と喜んでます。
(私が元気になり、キッチンに居る時間が長くなったせいでもあります!)

次項有『LifeFORCE』は、1本13.500円です。お試し1回目は10.000で1本購入できます。
  1本で朝晩2回3プッシュで私は約60日使えました。1日当たり225円程です。
  (製品価格案内にジャンプします)

そして「LifeFORCE』の効果も分かったので最近またハイチオールCも飲み始めました。
身体が積極的に吸収しようとする力が強くなっているので、他のサプリの効果も良くなるはずです。

ちょっと欲張って『元気』になった私は『きれい』も取り入れたいと思っています。
 ぴかぴか(新しい)美に対する要求が高いイギリスでは、IMG_04151.jpg美容室などで販売されています。 


成長ホルモンのお仕事

成長ホルモン分泌量は下図のように、年齢を重ねるごとに下降線を描きます。

新生児がたった1年で劇的な変化を遂げるのもこの表を見るとうなずけますね。

LF-page2121.gif
前章でお話したとおり、成長ホルモンはたんぱく質を合成します。

全ての生物をつかさどっているたんぱく質の基本単位がアミノ酸です。

成長ホルモンの重要な仕事は細胞を増やす!ということです。

皮膚、髪、骨、筋肉・・・生物は全て細胞で出来ていますよね。

増やすというより生まれ変わりというべきでしょうか?

良く《お肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進します》と
化粧品やマッサージの効果で書いてあります。

成長ホルモンが減少してしまうと生まれ変わる細胞の生産スピードが遅くなり、古い細胞が長く滞留するので、みずみずしさがなくなってしまうのです。

成長ホルモンの減少と同じように加齢とともに女性ホルモンや男性ホルモンも減少します。

人の若さを司る成長ホルモンが減少すると言うことは、つまり老化を招くということです。

いつまでも若々しい人が身近にいませんか?
逆に急に老け込んでしまった!という人もいますよね。

成長ホルモンの分泌量は、質のよい食事、十分な睡眠、適度な運動というような基本的な生活や環境でも左右します。

ストレスが多い現代社会!マイペースに規則正しい生活できる幸せな方ばかりではないと思います。


色々な事情を抱えて、どこかで我慢して一般に不規則だといわれる生活になってしまう人が多いことでしょう。

『苦労が顔に出る』とか『寝る子は育つ』というのは成長ホルモンの増減を現していると考えられますね。

成長ホルモンを活性化してくれる天然アミノ酸サプリメント『LifeFORCE』は、
不規則な生活を虐げられている人をサポートしてくれる製品です。

●決まった時間に眠ることが出来ない!
●職場や仕事上のストレスを持ち帰り思い悩む!
●重労働や家事負担が多くて疲れが取れない!
●外食が多く栄養が偏りがち!

悪循環に負けない心と身体を維持していかなければ現代社会では、つぶされてしまいます!

忙しい方にこそ、最適なスプレーサプリメント。
1日2回、起きたときと寝るときに舌下に3回シュシュッ!とスプレーするだけです。
水などもいりません。(面倒がないので私も続けられました)

IMG_04151.jpg『LifeFORCE』の天然アミノ酸成分が舌下の動脈から直接、血流に入り吸収されるので、効率よく脳下垂体を刺激します。
そして成長ホルモンの分泌を活性し私たちを若々しくサポートてくれるのです。
                 
bana112.gif

                   

参考:
21T5GZ3GVDL__SL500_AA140_.jpg成長ホルモン物語
1961年、日本で初めて成長ホルモン分泌不全性低身長症にヒト成長ホルモン療法を開始して以来35年間、ヒト成長ホルモンに関する研究と臨床に携わってきた著者による成長ホルモンについての話。〈ソフトカバー〉





posted by しおん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href="http://www.fivestyle.biz/click/in/?key=1246549377yRYUdzPgvN6248&style=beauti.php"> <img src="http://www.fivestyle.biz/help/banner_imeges/banner32.gif" alt="" border="0"></a>
美容整形
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。