2009年08月26日

アンチエイジング/ダイエットにには成長ホルモン促進E

◆脂肪燃焼!若々しいボディの為にアミノ酸!◆


●栄養素不足(たんぱく質、他) ●肝機能の低下 ●筋肉の衰え ●成長ホルモンや甲状腺ホルモンの材料不足や分泌不足 ●UPCのスイッチオフ ●さらにエネルギーの不足等々、体内では複雑なことが絡み合って基礎代謝率の低下が起こっています。


基礎代謝アップを謳うサプリメントは色々ですが、基礎代謝率低下の原因に合ったものを摂らなければ、期待する効果は出ません。

でも、原因を特定するのは不可能でしょう。

そこで、基礎代謝率低下のほぼすべての原因をカバーできるように、ブレンドのアミノ酸プラス特定の作用を持つアミノ酸を摂取すれば、確実な効果がでてきます。


基礎代謝率を高めて脂肪燃焼に貢献してくれるアミノ酸
で、現在日本で健康食品に使用が認められているのは、チロシンン、アルギニン、オルニチン、リジン、メチオニンの5種類です。

※『LifeFORCE』には、これらのうち4種類すべてを高含有させただけでなく、体内でオルチニンとカルニチンが作られるための工夫もこらしました

●アルギニンが分解することによってオルチニンが生成され、カルニチンはメチオニンとリジンを原料に作られます。
lfaminosanhyou300.gifDSC00421.JPG

カルニチンは今アメリカで最も注目を浴びているアミノ酸で、脂肪酸遊離速度の促進、たんぱく質合成の促進、エネルギー燃焼の加速などによって基礎代謝率を飛躍的にアップさせる作用が認められています。

的別のアミノ酸だけ摂取しても、全般的に材料不足があれば、各アミノ酸はそれぞれ期待する部分で働いてくれません

くれぐれも、超良質たんぱく質の確保をはじめ、他のアミノ酸を初め必須栄養素も忘れなく摂取しましょう。

bana7l3.gif shoplogo.jpg

posted by しおん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

アンチエイジング/ダイエットには成長ホルモン促進D

◆アミノ酸の組み合わせで10代の基礎代謝率が戻ります◆

成長ホルモンが通常分泌されるのは、深い眠りに入った直後(通常、就寝後2〜3時間)ですが、激しい運動をするときも分泌は盛んになります。

分泌が最も多いのは十代の人の睡眠中。

大人の睡眠中の分泌は微々たるものですが、
いくつかのアミノ酸を適切な組み合わせで摂取すると、十代レベルの分泌を取り戻すことができます。
daiet12490.jpg
     

■甲状腺、UCPの活性化で基礎代謝率大幅アップするにはチロシン!
                              
※LifeFORCEにはチロシンが配合されています。

新陳代謝を調節する器官の一つが甲状腺。甲状腺はチロキシンというホルモンを分泌し、すべての細胞の成長及び新陳代謝のコントロール。さらに、食事からのエネルギー転化も調整しています。


摂取カロリーを減らし、その後、普通食に戻したとたんにリバウンド。
ダイエット前より太りやすくなった、というのはよくある話です。
  
これは、ダイエット中のチロキシン節約モードが、ダイエット後に分泌モードに
切り替わらないからです。 
  
いつまたカロリー減という事態に遭遇してもいいように、チロキシンの分泌量が抑えられ、それにともない新陳代謝はスローダウン、エネルギー消費もカット。

ひたすら将来に備えて、余分なカロリーは脂肪として蓄積されていくからです。


チロキシン分泌を増やせば、新陳代謝は活発化、。エネルギー消費は加速し、脂肪の蓄積は防げます。

これをやってのけるアミノ酸がチロシンです。

甲状腺内でチロシンとヨード(海藻に含まれる)が一緒になるとチロキシンが生産されます。

チロシンをヨード、ビタミンB6、Cと一緒に摂ると、チロキシンレベルが自然に向上。

食べたものはしっかり燃焼し、無駄な脂肪として蓄積されなくなります。


チロシンには、もう1つ代謝アップ作用があります。


最近注目されている物質にUCPというのがありますが、UCPは体熱を発生させる役目を持ち、肩胛骨と肩胛骨の間の細胞の中に多く存在しています。

余分にカロリーを摂りすぎた時に、熱を発生させながらカロリーを燃やします。


食べると背中に汗をかく人は、このUPCが活発に働いていて、「ヤセの大喰い」。
逆に、食べても背中が熱くならない人は、UPCのスイッチがオフ状態。

余分なカロリーを燃やすことができず、ちょっと食べ過ぎただけで、すぐ太ります。


UPCをスイッチオンして、熱生産能力を活性化してくれるのが、やはり、チロシン。
アドレナリンの作用がここに関わっているのですが、チロシンはこのアドレナリンの前駆物質になるアミノ酸でもあるのです。

私はアミノ酸高配合のドクターズサプリメントスプレー『LifeFORCE』を更年期障害軽減の目的で摂取し始めて半年、現在5本目を使い始めたところです。

2本目を使い終わった頃より、食事を摂ると直ぐに身体が温かくなるのを感じました。

今は夏ということもあり軽く汗ばんでしまうのですが、基礎代謝が確かにアップしているという実感があります。

おかげで肌のハリもツヤも蘇り10年前の私を取り戻せたことを実感しています。

基礎代謝がアップしたので高価な化粧品は不要になりドラッグストアーの安い化粧水だけで翌朝しっとり潤っています。

これには本当に驚きました!

IMG_04151.jpg『LifeFORCE』のアミノ酸組成は成長ホルモンの分泌を高めてくれるので若さが蘇り、高価な始祖化粧品が不要になるのです。

自分自身の生命力がアップするのです。

posted by しおん at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

アンチエイジング/ダイエットには成長ホルモン促進! 4


◆成長ホルモンアップで基礎代謝量を増やすアミノ酸◆        

成長ホルモンの分泌量を活性化する!


食べ過ぎでは太るのは当たり前。でも、摂取カロリーが少なくても「痩せられない」方はダイエッター全体の70%以上。
  
基礎代謝が低下し、体の中が活発に働かないためにカロリー消費が少なくなり、体脂肪を減らせないばかりか、余分なカロリーでも、すぐに脂肪として蓄えられてしまうからです。

  
●肌がくすんできた ●怪我がなかなか治らない ●髪のツヤがなく細くなってきた ●爪が割れやすくなった ●汗の出が悪い ●手足が冷たい ●お腹の肉がたるんできた ●食べても体が温かくならない。等思い当たりませんか?

このような方は、基礎代謝量がかなり低下している証拠です。
当然痩せにくく、太りやすい体質になっているのです。

taisyaritu500.gif

基礎代謝を高めることができれば、体内は一生懸命働き、消費カロリーは増え、効率よく体脂肪を落とすことができます。

もちろん細胞の生まれ変わりなども早くなりますから、みるみる若返ります。

       
安静時に体内を活発に働かせる、つまり、基礎代謝率をアップできれば、体全体が若返り、消費カロリーも増え、体脂肪も効率よく落ちてくれるということです。

体の中で安静時にエネルギーを消費する主な部位は肝臓と筋肉。
この2つの器官でエネルギーのなんと50%以上が消費されています。

筋肉量が少なかったり、筋肉の血行が悪いと、消費カロリーは少なく、脂肪は燃えてくれません。

また、肝臓は体内のあらゆる仕事を受け持つ大工場です。
食事で取り込まれてきた栄養素はまず肝臓へ運ばれ、そこで再合成され、全身の細胞へと送り出されます。

肝機能が低下すれば、そこでのエネルギー消費が減るのは当然ですが、肝臓から体中の
各細胞へ届けられる栄養素も減り、各細胞はフルパワーで働くことができなくなり、代謝活動はスローダウン。

筋肉や他の器官での基礎代謝率も大幅ダウンします。


それでは、肝臓と筋肉の熱生産を増やし、基礎代謝率を高めるには?


実は、基礎代謝率は年齢や性別にかかわらず、成長ホルモンの分泌を促進することによって高めることができるのです。

成長ホルモンはDNAの合成率を向上させるので、細胞分裂が活発になります。


成長ホルモンの分泌は30歳を境に急減します。
その結果、基礎代謝は低下、エネルギーも欠乏してきます。
疲れやすくなり、動くのも億劫で筋肉を使わないため脂肪が蓄積し始め、肉体の老化が急速なテンポで始まります。
成長ホルモンの分泌を若い時のレベルにまで増やせば、基礎代謝率は上昇、体内は活性化します。

■植物性アミノ酸16種とタウリンを独自の配合組成された舌下スプレーサプリメントLifeFORCEは、あなた自身の衰えた成長ホルモンの分泌を促進させるために医師が研究開発し諸外国では2000年より販売実績のある画期的なサプリメントです。
2009年2月より日本でも購入できるようになりました。
      
      shoplogo.jpg

posted by しおん at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

アンチエイジング/ダイエットには成長ホルモンの分泌促進!  3


 ◆アンチエイジングに必要なのはアミノ酸 ◆              

スポーツ、ダイエットのアミノ酸といえば、BCAA(分岐鎖アミノ酸)のバリン、ロイシン、イソロイシンです。

BCAAのニーズは今後も益々増えていくものと思われますが、それ以上に、BCAA以外のアミノ酸への注目が集まっています。
             

その中でも注目をされるであろうアミノ酸が『成長ホルモン分泌促進アミノ酸』です。
成長ホルモン分泌促進アミノ酸はアルギニン、オルニチン、メチオニン、グルタミンの4種です。


これら成長ホルモン分泌促進アミノ酸は、アメリカでは大変多く利用されています。
まだまだ日本では、製品化されているものが少ないですが、アンチエイジング製品として今後は間違いなく注目を集めていくでしょう。


 ◆成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸◆  
        
    

■アルギニン■
※LifeFORCEにはアルギニンが配合されています。


アルギニンは、脳の下垂体という場所に作用して成長ホルモン分泌を促進します。

このため、アルギニンは組織中のタンパク質合成を促し筋肉を増強する作用があります。


また、アルギニンはオルニチン(尿素)回路の一員として、アンモニアの解毒にも関わっています。このとき、一部のアルギニンから一酸化窒素(NO)が発生します。

NOは血管を拡げる作用があり、これによって血流が改善されます。
この作用により、血流が悪くなることで起きる症状にも効果が期待されます。

加えて、アルギニンはNO産生を通して、免疫細胞がウィルスや病原菌などの外敵を攻撃する力を強めることが知られています。


アルギニンは、サプリメントで使用されるケースが大変多くなってきています。

成長ホルモン促進の要
になると同時に、一酸化窒素によって血管拡張し、
血流を促進することで他の栄養素の体内循環を高め、吸収を高めることにも威力を発揮します。


■メチオニン■
※LifeFORCEにはメチオニンが配合されています。


必須アミノ酸の一つで、硫黄を含んだ含硫アミノ酸です。また、メチオニンは食品の栄養強化などにも使われています。

メチオニンは、生体内でグルタチオンやタウリンに変換されます。


また、成長ホルモン促進作用、コレステロール低減作用肝機能改善作用、免疫増強作用などが知られています。

     
■グルタミン■
※LifeFORCEにはグルタミンが配合されています。


グルタミンは筋肉内に豊富に存在するアミノ酸の一つです。

筋肉におけるアミノ酸組成の30〜50%以上がグルタミンです。

グルタミンは、筋肉のタンパク合成に関わっており激
しい運動後の筋肉の破壊を防ぐ効果があり、トレーニング後の筋肉疲労の回復を早めます。


また免疫に関係する細胞や組織のエネルギー源として使われやすいアミノ酸であることからグルタミンを摂取することにより免疫力のアップが期待できます。


もう一つグルタミンの重要な役割として、胃腸粘膜の保護作用があります。

グルタミンは、胃腸粘膜を形作る細胞の合成を促進することにより、食の消化吸収や腸からの病原菌の侵入を防ぐといった効果を示します。


アミノ酸としては非必須アミノ酸ですが、
ストレスが溜まった時、激しいトレーニングをした時や怪我をした時など、体調によっては補給する必要のある必須アミノ酸とされることがあります。


■オルニチン■
※LifeFORCEにはオルチニンは配合されていませんが配合成分アルギニンが分解することによってオルチニンが生成されます。


オルニチンは、脳の下垂体という場所に作用して成長ホルモン分泌を促進します。
このため、組織中のタンパク質合成が進み筋肉増強や傷付いた腸管の回復が促進されます。


また、オルニチン回路を活性化して、肝臓でのアンモニア代謝を促進する作用も知られています。

さらに、免疫を担う細胞を活性化して免疫力をアップさせたり、細胞の増殖因子であるポリアミンの量を増やす働きが知られています。

的別のアミノ酸だけ摂取しても、全般的に材料不足があれば、各アミノ酸はそれぞれ期待する部分で働いてくれません。

くれぐれも、超良質たんぱく質の確保をはじめ、他のアミノ酸を初め必須栄養素も忘れなく摂取しましょう。


LifeFORCEは16種の植物性アミノ酸とタウリンが独自の組成配合されたあなたを再生するドクターズ舌下スプレーサプリメントです。

   bana7l3.gif    shoplogo.jpg

posted by しおん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

アンチエイジング/ダイエットには成長ホルモンの分泌促進! 2


ホルモンの多くは、食べ物から摂取した「アミノ酸」(たんぱく質)を原料として、体内で生成されます。

成長ホルモン」(HGH)も、191個のアミノ酸を原料として、体内で生成されます。

アミノ酸には、たくさんの種類がありますが、その中で「成長ホルモン」の原料となるのが、グルタミン、アルギニン、リジンなどのアミノ酸です。

これらのアミノ酸は、「HGHリリーザー」と呼ばれ、どんなアミノ酸でも良いというわけではなく、
高品質のアミノ酸を微妙な比率で配合し、摂取することで、体内での原料として使用されるわけです。


また、成長ホルモンが年齢とともに減少してしまう理由の一つに『天然抑制因子ソマトスタチン』があります。

この「ソマトスタチン」という成分は、成長ホルモンの分泌を抑える働きをしており、年齢とともにその量を増加してしまいます。

つまり、「ソマトスタチン」が体内で増加することによって成長ホルモンの分泌が鈍ってしまうわけです。

「坑老化医学」では、この「ソマトスタチン」が人間の「老化現象」をまねいているの一つの” 鍵 ”として捕らえています。

一部の『アミノ酸』は、この「ソマトスタチン」の働きをブロックすることで成長ホルモンの減少を防止し、全身の「老化」を防いだり逆行させるのです。

最新の研究報告では、【アルギニン】を摂取した場合は通常の3倍、【グルタミン】を摂取した場合は約4倍、【リジン】を摂取した場合で
約10倍の成長ホルモンの増加が確認された研究の例があります。
           
      
LifeFORCEには16種のアミノ酸とタウリンが医師の研究した比率で配合されています。もちろんアルギニン・リジン・グルタミンの3種も配合されたアミノ酸舌下スプレーサプリメントです

  DSC00421.JPG bio.gif
posted by しおん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

アンチエイジング/ダイエットには成長ホルモンの分泌促進!bP

■成長ホルモンとは?■
                 

成長ホルモンは脳の視床下部という場所で作られ、血液にのって全身に運ばれます。
このホルモンはその名のとおり、体の成長を促す役割をします。

成長ホルモンは、睡眠中、特に夜寝ている間に多く分泌されます。

起きている時でも運動したり、タンパク質の多い食物を食べたりするとその分泌量は増えますが、大部分は夜寝ている間に分泌されると考えて良いでしょう。

成長ホルモンは、子供の成長にも欠かせないホルモンです。
「寝る子は育つ」といいますが、まさにその通りなのですね。

成長ホルモンは筋肉でたんぱく合成を促進したり、心臓などさまざまな臓器や器官の発育にも関わっています。

つまり、成長ホルモンは私たちの体作りにとても重要な役割を持っているのです


■加齢と共に現象する成長ホルモン■

成長ホルモンの分泌量は年齢を重ねるごとに低下していくことがわかっています。
15〜20才をピークにして低下し始め、40才では20才時の約40%、60歳では
約25%にまで低下するといわれています。

低下したものを補い、若返りを図ろうと、近年では成長ホルモンを促進するアミノ酸アルギニン・オルニチン・リジン・グルタミン)などを補給するなど、失われた成長ホルモンを補うことでアンチエイジングを目指す方が増えているのです。

■成長ホルモンの減少で起こる症状■

例えばこんな症状、状態でお悩みではありませんか?

●体脂肪の増加 ●コレステロール値の上昇 ●骨量の現象(骨粗しょう症) ●筋力の低下 ●運 動能力の衰え ●心臓や腎臓の機能低下 ●基礎代謝の低下 ●全身倦怠感●疲れやすい ●気力や集中力の低下 ●うつ状態 ●性欲の減退 ●皮膚や口が乾く ●手足の冷え ●更年期の症状(ホットフラッシュ、目眩、頭痛、関節痛、動機、うつ状態、ひどい肩こりや首筋のこわばりなどの更年期障害症状) ●生理不順 ●性欲の減退 ●睡眠が浅い ●ボディラインの急激な変化や衰え、中年太りなど

   (こちらをクリックしてCheckしてみてください)

成長期までに成長ホルモンが不足した場合、身長が低いなどの症状がみられます(成長ホルモン分泌不全性低身長)。

また子どものころから成長ホルモンがあまり分泌されない人の場合、若い頃から生活習慣病にかかりやすいともいわれています。

一方、おとなになってから不足した場合は、脂質やたんぱく質、糖質、骨、水分やミネラルなどの代謝がうまくいかず、さまざまな不快な症状がみられることがあります。

加齢とともに気になる症状、もしかしたら成長ホルモンの欠乏が原因かもしれません。

 bana7l3.gif  shoplogo.jpg


posted by しおん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

成長ホルモン減少対策に・・アミノ酸!

成長ホルモンとは人間の体内で生成されるホルモンのひとつです。
    
Human Growth Hormone/ヒューマングロースホルモン略してHGH
と呼ばれています。

 ■HGH(ヒト成長ホルモン)の主な効能■
    
身長を伸ばす/骨や筋肉をつくる/アンチエイジング(若返り)/脂肪の代謝などが
あげられます。

実は子供から大人へと成長する過程で背丈や体型が変化するのは、成長ホルモンによるものなのです。

また、ボディビルダーやスポーツ選手が加圧トレーニング等でHGHの分泌を促したり、直接摂取するのも、HGHが筋肉作りには不可欠なホルモンだからです。


       
成長ホルモンが減少すると、老化現象や様々な異常が体に現れます。

20代以降の人に、体力の衰えやお肌の乱れを訴える方が多いのは、成長ホルモン・HGHの減少が、老化に直結しているためです。

●「昔はもっと肌に張りや弾力があったのに…」
  ●「髪の毛の量が多くふさふさしていたのに…」
     ●「徹夜をしても平気で仕事ができたのに…」
      ●「最近お酒が弱くなった・・・」
         

そんな風に感じている方は多いのではないでしょうか。

まだまだ第一線でがんばらなければならないのに、体がついていかず
苛立ちを感じる方も少なくはないと思います。

   
私達の体を形成する上重要な役割を果たすこの成長ホルモンですが,年齢を重ねるごとに確実に体内での分泌量は減少してしまいます。

成長ホルモン・HGHが豊富に分泌されるのは10代がピークで、20代に入ると分泌量は急激に減少し40代で約半分に,80代では20分の1にまで減少してしまいます。
  LF-page2121.gif

また、不規則な生活、運動不足、睡眠不足、栄養の偏りなども年齢に関わらず成長ホルモン・HGHの分泌量を減少させる原因となります。

現在の医学では、この成長ホルモンの減少こそが様々な老化現象や体の異常を引き起こす原因のひとつであると考えられています。
 成長ホルモン・HGHの減少によって起こる様々な症状 
疲労からの回復が遅くなる筋肉や骨が衰える 体重の急激な増加や減少
記憶力や集中力の低下   毛髪が細くなり、白髪が増える肌のハリが失われ、しわが目立つ
運動能力が低下若い頃よりも身体の動きが鈍い意欲喪失
性機能の低下視力減退 免疫力の低下
関節の異常 更年期症状 睡眠の質の低下
インスリンの働きの悪化細胞の酸化が進む血管の老化

老化速度を抑える重要なポイント■
成長ホルモン・HGHの減少をくい止めることなのです!

海外では『成長ホルモン分泌促進サプリメント』として支持されているアミノ酸高配合の舌下スプレー『LifeFORCE』があなたの再生力を高めます!

bio.gif医療研究所の医師団が開発した
『ライフフォース』

日本ではここでのみlfshoplogo1.jpg販売しています。

posted by しおん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

新型インフルエンザ 政府の対応

『新型インフルエンザ 政府の対応』記事をupしました。

続きはこちらからご覧下さい。

『発熱、咳等の初期症状がでてもすぐに医療機関にいくな!という内容です。
posted by しおん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

成長ホルモンのお仕事

成長ホルモン分泌量は下図のように、年齢を重ねるごとに下降線を描きます。

新生児がたった1年で劇的な変化を遂げるのもこの表を見るとうなずけますね。

LF-page2121.gif
前章でお話したとおり、成長ホルモンはたんぱく質を合成します。

全ての生物をつかさどっているたんぱく質の基本単位がアミノ酸です。

成長ホルモンの重要な仕事は細胞を増やす!ということです。

皮膚、髪、骨、筋肉・・・生物は全て細胞で出来ていますよね。

増やすというより生まれ変わりというべきでしょうか?

良く《お肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進します》と
化粧品やマッサージの効果で書いてあります。

成長ホルモンが減少してしまうと生まれ変わる細胞の生産スピードが遅くなり、古い細胞が長く滞留するので、みずみずしさがなくなってしまうのです。

成長ホルモンの減少と同じように加齢とともに女性ホルモンや男性ホルモンも減少します。

人の若さを司る成長ホルモンが減少すると言うことは、つまり老化を招くということです。

いつまでも若々しい人が身近にいませんか?
逆に急に老け込んでしまった!という人もいますよね。

成長ホルモンの分泌量は、質のよい食事、十分な睡眠、適度な運動というような基本的な生活や環境でも左右します。

ストレスが多い現代社会!マイペースに規則正しい生活できる幸せな方ばかりではないと思います。


色々な事情を抱えて、どこかで我慢して一般に不規則だといわれる生活になってしまう人が多いことでしょう。

『苦労が顔に出る』とか『寝る子は育つ』というのは成長ホルモンの増減を現していると考えられますね。

成長ホルモンを活性化してくれる天然アミノ酸サプリメント『LifeFORCE』は、
不規則な生活を虐げられている人をサポートしてくれる製品です。

●決まった時間に眠ることが出来ない!
●職場や仕事上のストレスを持ち帰り思い悩む!
●重労働や家事負担が多くて疲れが取れない!
●外食が多く栄養が偏りがち!

悪循環に負けない心と身体を維持していかなければ現代社会では、つぶされてしまいます!

忙しい方にこそ、最適なスプレーサプリメント。
1日2回、起きたときと寝るときに舌下に3回シュシュッ!とスプレーするだけです。
水などもいりません。(面倒がないので私も続けられました)

IMG_04151.jpg『LifeFORCE』の天然アミノ酸成分が舌下の動脈から直接、血流に入り吸収されるので、効率よく脳下垂体を刺激します。
そして成長ホルモンの分泌を活性し私たちを若々しくサポートてくれるのです。
                 
bana112.gif

                   

参考:
21T5GZ3GVDL__SL500_AA140_.jpg成長ホルモン物語
1961年、日本で初めて成長ホルモン分泌不全性低身長症にヒト成長ホルモン療法を開始して以来35年間、ヒト成長ホルモンに関する研究と臨床に携わってきた著者による成長ホルモンについての話。〈ソフトカバー〉





posted by しおん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<a href="http://www.fivestyle.biz/click/in/?key=1246549377yRYUdzPgvN6248&style=beauti.php"> <img src="http://www.fivestyle.biz/help/banner_imeges/banner32.gif" alt="" border="0"></a>
美容整形
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。