2009年09月18日

更年期障害のホルモン補充療法の副作用

■ホルモン補充療法の副作用■

更年期障害で行われるホルモン補充療法・HRTは、更年期で起きるホルモンバランスの崩れを補正する療法です。

更年期障害の根本原因と考えられているホルモンバランスを正す事で、いろいろな症状の改善に効果があるとされています。

しかし、効果もありますが、ホルモン補充療法・HRTには副作用も認められていますね。


ホルモン補充療法で使われるホルモン、エストロゲンは女性の生殖器に関係の深いホルモンです。

その為エストロゲンを服用したり、貼り薬などから皮膚から取り込んだりするホルモン補充療法を始めるとその影響が生殖器関係にでてきます。

例えば、乳房が張ってきたり、不正出血が始まったりします。

又、ガンのリスクも高くなります。

これらの副作用も人それぞれ出方も程度も違ってきます。


ホルモン補充療法で他の症状が緩和されても、これらの副作用がひどい時は服用量や薬剤の種類、服用方法などを変えることを相談してくださいね。

副作用についても、医師と相談することが必要です。

更年期障害を悪化させないために適度な運動の習慣と身体を若く保つ源となるアミノ酸多種配合のサプリマントが効果的ですね。

ホルモンバランスを活性化してエイジレスな身体と心を強力にサポートするのが
アミノ酸サプリメントスプレー『LifeFORCE』です。

posted by しおん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 更年期をのりきる! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<a href="http://www.fivestyle.biz/click/in/?key=1246549377yRYUdzPgvN6248&style=beauti.php"> <img src="http://www.fivestyle.biz/help/banner_imeges/banner32.gif" alt="" border="0"></a>
美容整形
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。